最初のアイディアは「子どもたちが文字を楽しく覚えられる公園づくり」。
その実現に向けて協力者を探すことからスタート。区から紹介されたのは、子ども支援を行うNPO法人「Chance For All」。そこからさらに「東武鉄道」社を紹介してもらい、公園づくりの可能性を探りました。

結果的に、公園づくりの実現はすぐには難しく、目標を変更。大量に書き溜めていた文字/数字のデザインをグッズ化し、販売することで、文字の楽しさを伝えることを目指しました。次に区から紹介されたのは、印刷会社「サンコー」社。小ロットでのグッズ製作のアドバイスなどをもらいます。

最終的には、Tシャツやスマホケースなどをつくり、ネット販売を開始。宣伝パンフレットもつくり、墨田区の26か所の施設に置いてもらい、期間内だけで、なんと約6万円の売上を達成しました。ネット販売は今も継続中。彼のスタートアップへの挑戦は続きます。

スタートアップしたグッズ
販売サイトはこちら!
https://suzuri.jp/reruchi-123